ハウスクリーニング 奈良

ハウスクリーニング エアコンクリーニングでは絶対に追加料金なし!
エアコンクリーニング 奈良トップページ > 日記 > 宝化け物

日記

平成28年4月21日の日本昔話

宝化け物:

昔ある村の川のほとりに、何代も続くたいそうな長者が住んでいました。この屋敷には、米蔵や味噌蔵や金蔵などのいくつもの蔵が建っていました。
しかし、長者の老夫婦はとてつもないケチで、一日食事は一回きりで、二人で一つの梅干しをおかずにして食べるほどでした。このドケチ長者夫婦の唯一の楽しみといえば、貯めに貯めた小判を投げたり積み上げたりして、お金で遊ぶ事でした。
そんなある晩の事、寝ていた長者夫婦の耳に「助けでけろ~」と悲しげな声が聞こえてきました。
この声は毎晩のように続き、あまりの恐ろしさに婆様はとうとう寝込んでしまいました。
そこで爺様が、松の木に登って見張る事にしました。
不気味な声が蔵の中から聞こえてきたので、爺様が蔵に飛び込むと、中から一斉に米俵の化け物がゾロゾロと飛び出してきました。
これに勢いを得たのか、塩の蔵からは塩の化け物が、味噌の蔵からは味噌の化け物が、金の蔵からは金の化け物が、どんどん蔵を飛び出し屋敷の前の川へ飛び込んでいきました。
川を流れる宝物たちは、ただ見ているだけの村人たちの目の前を通り過ぎ、そのまま流れ去っていきました。
この事で自分たちの間違いを悟った長者夫婦は、気前よくお金を使うようになりました。
この鯨石、今は八戸の西宮神社に大切に保存されているそうな。
ページのトップへ戻る