ハウスクリーニング 奈良

ハウスクリーニング エアコンクリーニングでは絶対に追加料金なし!
エアコンクリーニング 奈良トップページ > 日記 > 犬と猫と狼

日記

平成28年8月14日の日本昔話

犬と猫と狼

むかしむかし、ある山のふもとに大きな屋敷があり、そこでは犬と猫が飼われていた。
猫は大事にされていたが、犬は年を取りすぎていて、
どろぼうが入っても吠えなくなったので、最近ではエサもろくに食べさせてもらえず、ひもじい思いをしていた。
そこで、犬はどうしたものかと裏山の狼に相談しに行った。
すると狼は言う。「毎晩、屋敷の奥さんは子供に小便をさせに外に出るので、
次の満月の夜に自分(狼)が子供を襲うふりをする。
そこで犬が出てきて自分を追っ払って手柄を立てればいい。」
満月の夜が来ると、はたして狼が現れ、屋敷の奥さんと子供に襲い掛かろうとした。
犬はこれを追っ払い、事は計画通りに運んだ。翌日、犬は家人から褒められ、たくさんのご馳走を食べさせてもらった。
ところが、狼はお礼に自分の願いを聞いて欲しいと言う。
それはなんと、屋敷の猫を食べたいと言うものだった。困った犬は、どうしていいか分からず、猫にこのことを話してみた。
すると猫は「狼と決闘して、負けたら食われてもよい。」と言うのだった。
犬がこれを狼に伝えると、狼は「猫のやつ、俺に勝てると思っているのか!?」と怒ったが、兎にも角にも狼と猫の決闘は決まった。
決闘の日、狼は山の一本松のところで待っていたが、猫は約束の時間をとっくに過ぎてるのに現れない。
狼は待ちくたびれて、とうとう居眠りしてしまう。そのころ屋敷では、そろそろいいだろうと言って、猫は犬を連れて裏山に向かった。
猫は裏山に着くと、眠っている狼のそばに足を忍ばせて近づき、狼の耳元で鳴いた。
すると、寝ている狼はうなされ始めた。
狼は、あべこべに自分が猫に食われる夢をみていたのだった。その時、猫は狼の耳をパシッと叩いて狼を起こした。
狼が起きると、目の前には、大口を開けた猫が立っている。
狼は猫に食われると思い、大慌てで山の中に逃げていった。それから狼が姿を見せることは二度となかったそうだ。
ページのトップへ戻る