ハウスクリーニング 奈良

ハウスクリーニング エアコンクリーニングでは絶対に追加料金なし!
エアコンクリーニング 奈良トップページ > 日記 > ねこおどり

日記

平成28年9月07日の日本昔話

ねこおどり

昔、秋田の鹿渡(かど)という所にジュンショ?という家があった。
ここの嫁は良く働くがだらしがなく、家の事や子供の面倒を見るのは好きではなかった。
ある日、家の上がり口に脱ぎ捨てていた着物の裾がぬれていた。
嫁は、子供が寝小便をしたのかと思い叱ったが、子供は寝小便もしてないのにそれが何日も続いた。
おかしいと思った嫁が夜中に見張っていると、飼い猫のタマがほったらかしの着物を羽織って外へ出て行った。
驚いた嫁が追いかけると、タマは墓場の先の小さなお堂に入っていった。
そこは村中の猫たちが集まって、ろうそくの火を中心に輪になって踊っているのだった。
猫たちは「ジュンショの嫁がだらしないのでやっつけれ」と、大合唱しはじめた。
怖くなった嫁は、走って家に戻りそのまま気を失った。
朝になり目が覚めると、そこには脱ぎ捨てられた着物が置いてあり、やっぱり着物の裾は濡れていた。
嫁は「だらしのない事をタマが諭してくれたんだ」と思い、それからは家の事も子供の面倒も見るようになった。
ページのトップへ戻る