ハウスクリーニング 奈良

ハウスクリーニング エアコンクリーニングでは絶対に追加料金なし!
エアコンクリーニング 奈良トップページ > 日記 > 大根むかし

日記

平成28年10月16日の日本昔話

大根むかし

昔々、ある村でのこと。その村は土地が農地に適さなかったため、人々は農作物を育てるのにとても苦労していた。
ある年の事。その年も農作物の出来は悪かったが、一つだけ元気に育っている大根があった。
人々はこの大根に希望をつなぎ、肥やしや水をたっぷり与え、大切に育てた。
大根は、人々の思いに応えるかのようにグングン成長し、やがて山ほどもある巨大な大根となった。
大喜びした村人たちは、みんなで力を合わせて大根を引っこ抜き、これを食べようとしたところ、大根が泣き出した。
大根は「食われたくねぇ」と懇願する。村人は、人の言葉を話すこの大根を食べるのに忍びなく、そのまま村において育ててあげることにした。
すると、この村では大雨や大雪などの害を受けなくなった。
それはあの大根が、村の前にでんと立って、壁代わりになっていてくれたからだった。
村人達は大根に感謝し、大根と人間達は良好な関係を保っていた。
しかし、月日が経つにつれ、村人達は大根の存在がだんだん邪魔になってきた。というのも、大根は水や肥やしが切れると大声で泣くからだ。
食べることも出来ない大根に、大量の水や肥やしをあげるのが面倒になってきた村人達は、ある日、大根の前に集まった。そして大根に言った。「出て行ってくれんかの」と。
大根は大変悲しみ、誰かが引き止めてくれる事を願ったが、引き止める者は誰もいなかった。
泣く泣く、大根は村を去っていった。
しかし、それからというもの、村はまた以前のように大雨や大雪の害を受けるようになった
。村の盾になってくれていた大根が、いなくなってしまったからである。
村人達はようやくその事に気付き、大根に帰って来てもらおうと、必死になって探したものの、後の祭りだった。どこを探しても、もうあの大根は見つからなかったという。
ページのトップへ戻る