ハウスクリーニング 奈良

ハウスクリーニング エアコンクリーニングでは絶対に追加料金なし!
エアコンクリーニング 奈良トップページ > 日記 > お釜の歌

日記

平成28年11月13日の日本昔話

お釜の歌

昔ある所に、爺さんとその息子が住んでいました。 ある冬の朝、かまどの釜でご飯を炊いていると、お釜が何やら歌い始めました。「古塚を掘ったら、宝がざっくざく」といった感じで、お宝のありかを歌っていました。
さっそく息子が、お釜の歌っていた場所にいって掘ってみました。
すると、地中から大きな壺が出てきましたがその中身はただの泥でした。実はお釜の歌には、まだ続きがあったのです。
今度は爺さんと息子のふたりで、また別の宝のあるという場所へ行ってみました。
広い野原を手あたり次第に掘っているうちに、とうとう地中から大きな壺を掘り当てました。
二人は、期待しつつ壺の中をのぞいてみると、やっぱり今度も泥が詰まっているだけでした。
そういえば、お釜の歌は最後に「そんな話も一昔」と、過去の話として歌っていたことに気が付きました。宝が出てこない事がわかった二人は、がっかりしてとぼとぼ家に帰ってきました。
お釜が「一昔」と最後まで歌う前に、お釜を縛って歌わせないようにすれば、本当にお宝は出てくるのです。
この事から「お釜が歌い始めたら、縛ってしまえば福が来る」と、言われるようになったそうです。
ページのトップへ戻る