ハウスクリーニング 奈良

ハウスクリーニング エアコンクリーニングでは絶対に追加料金なし!
エアコンクリーニング 奈良トップページ > 日記 > お天とさまとひばり

日記

平成28年12月04日の日本昔話

お天とさまとひばり

ひばりを騙してお天とさまに怒られたもぐらは、昼間、外に出れなくなった。
昔むかし、ひばりが空を気持ちよく空を飛んでおった。もぐらはうらやましそうに見上げていた。ひばりは飛べないもぐらを、いつもからかっておった。
そんなある日のこと、きれいに着飾ったキツツキがやってきた。ひばりはキツツキが着ているようなきれいな着物がほしくなった。
そこで、もぐらが言った。「ひばりどん、おら、金ならたんまりあるんじゃがの。」
「なぁ、お金をおらに貸してくれ。きれいな着物を着たいんじゃよ。」いつもの仕返しをしてやろうと考えたもぐらは言った。
「お金を貸してやるよ、ひばりどん。実はなぁ、お天とさまに金を貸してあるんじゃ。じゃが、まだ返してもらってないんじゃよ。だから空高く飛べるひばりどんに頼もうと思って。」
「よし、引き受けた。」ひばりは空高く飛んでいった。「てんと、金返せ。てんと金返せ。」おてんと様が「もぐらに騙されておるんじゃ。
まだわからんのか。」と何度言っても、ひばりはあきらめんかった。「返してくれるまで毎日来るからな。」
お天とさまはとうとう怒り出した。「やい、もぐら。いつおまえから金を借りた?おまえというやつはとんでもないやつじゃ。」天とさまの怒りはすごかった。
瞬く間にもぐらは炎に包まれてしまった。「うそつきもぐらめ。今度、昼間、地面に姿を見せたら焼き殺してやるぞ。分かったか~。」「お許しくださーい」こうしてもぐらは大慌てで土の中へもぐっていった。
こんなことがあってからもぐらは、天とさまが輝く昼間、暗い穴の中でじっとしているということじゃ。
そして、ひばりはこんなことがあったとも知らず、今でも「天と、金返せ。天と、金返せ」と泣きながら空に舞い上がっているというそうな。
ページのトップへ戻る