ハウスクリーニング 奈良

ハウスクリーニング エアコンクリーニングでは絶対に追加料金なし!
エアコンクリーニング 奈良トップページ > 日記 > かじやと大工

日記

平成28年12月05日の日本昔話

かじやと大工

昔ある村はずれに、鍛冶屋の善さんと、大工の熊五郎という男が住んでいました。
二人は貧しいながらも朗らかで優しい性格で、とても仲良しでした。
ある時、熊五郎は、亡くなった遠縁の者からたくさんの小判を受け継ぎました。突然大金持ちになった熊五郎は、仕事もしなくなって、昼間から家に閉じこもるようになりました。
金持ちになったために、毎日お金の事が心配で、飯も食えず夜も眠れなくなっていまったのです。心身ともに疲れ果てた熊五郎は、「この小判はもういらないから、全部善さんにあげる」と言いました。
そこで善さんは、大量の小判を二人で半分ずつ分けて、二人で金持ちになる事にしました。最初は、善さんも金持ちになって大喜びしていましたが、やがてこの小判が誰かから奪われるのではないかと、心配になってきました。
善さんも一日中、小判の前で見張るようになり、家の中に閉じこもって戸を釘で打ち付けてしまいました。こうなってしまうと、風の音でも怪しく思えるようになり、ろくに眠れず、恐ろしい悪夢にうなされました。
とうとう、善さんも「金のせいで夜も眠れない」と根をあげてしまい、二人で底なし沼へ小判を捨ててしまいました。小判がなくなった事で、二人は元の貧しいけれど気ままな暮らしに戻り、楽しく過ごしましたとさ。
ページのトップへ戻る