ハウスクリーニング 奈良

ハウスクリーニング エアコンクリーニングでは絶対に追加料金なし!
エアコンクリーニング 奈良 大阪 トップページ > エアコン用語集 > クラドスポリウム

クラドスポリウム

クラドスポリウム(Cladosporium)というのは、いわゆる不完全菌の属のひとつである。
ごく普通に見られるカビであり、身近にもよく出現するが、和名が与えられていないので、知名度は低い。クロカビと呼ばれることもあるが、必ずしもこのカビを特定してはいないようである。
濃い深緑色なので、コウジカビなどと混同されることも多い。
寒天培地上での菌糸は一定の太さで、成長は一般的な速さである。菌糸自体が深緑に着色しているので、胞子を形成する前からコロニーははっきりとした色が着いている。
胞子形成を始めるのはアオカビほどではないが速く、コロニー形成から数日中には始まる。分生子柄は培地上の菌糸から出て直立し、その先端から分生子を作る。柄が分枝を出す場合もある。
分生子形成型は出芽型。分生子柄の先端の細胞の一カ所、または複数箇所から出芽するようにして分生子が形成される
。新たな分生子は古い分生子の先端に出芽する。これを繰り返せば、根元に古い分生子があり、先へ行くほど新しいものとなる分生子の鎖を生じる。
一つの分生子から二カ所で出芽する場合もあるので、この鎖は枝分かれする。 この状態でシャーレを直接顕微鏡下において観察すれば、全体としては分生子柄の先端から、分枝した分生子の鎖が展開し、サンゴか何かのような姿となり、なかなか美しい。
ただし、分生子はわずかの刺激でも互いに外れてバラバラになる。プレパラートでその姿を観察するのは至難の業である。
大抵は作成途中で胞子がバラバラになり、無惨な瓦礫の山のような(胞子が乱雑に積み重なった)風景が見えるのが落ちである。
普通は風に吹かれて分生子が散布される運びとなるのであろう。
分生子はやや不定形で大きさも不揃いではあるが、おおよそ楕円形っぽい。
単細胞のものもあるが、中に隔壁を持った二細胞のものがまじる。
色はオリーブ色がかった深緑色である。濡れた状態では黒っぽく見えることもある。
そのため往々にしてクロカビなどとも呼ばれる。
ページのトップへ戻る